d0359990_16482847.jpg

赤不動明王院監修の在家聖天秘法勤行集をお分け致します。

こちらは、「在家」の方が聖天さまを日々礼拝供養するのに相応しい内容を、赤不動明王院院主である阿闍梨永作優三輝が監修た内容となっております。
在家の方が、この通りに礼拝供養をなされれば安心です。

ただし、こちらに掲載していない事を勝手に付け加えて唱えた場合は、責任を持てませんので悪しからずご了承下さい。


在家聖天秘法 勤行集


◎在家聖天秘法100日行に挑戦される方は必須のテキストです。
昨年、一昨年に在家聖天秘法をお申込みされた方と同じ内容です。

◎100日行を希望される方は、必ずテキストお申込みの際にご申告下さい。
├行の最中は、一日でもできない日があれば最初からやり直しです。
├100日満行の後、更に行に励みたい方は、習熟度に併せて加行が与えられる「ことも」あります。
└聖天尊もしくは行の内容、次第書についてなどの質疑応答は100日行に入った方に対してのみ行います。

◎100日行には開眼供養をした聖天尊像が必要です。
テキストだけでは行に入ることは出来ません。
必ず、旅仏もしくは銀天をお迎えください。
本頁下部に、尊像のご案内を致しております。

◎こちらのテキストには、行に入る前の諸準備等の案内は一切ございません。
そうした内容を知りたい方は、別途『赤不動明王院勤行集』をご注文下さい。
また、独鈷杵をお持ちの方へは、行中の独鈷杵の持ち方等についてのご指導をさせて頂く事が可能となります。

※専門的に聖天行者になりたい方は、別途ご相談下さい。
ただし、生半可な気持ちでは、到底やっていけない大変厳しく辛い世界であることをご承知おき下さい。
話だけを野次馬根性で聞き出そうとする方に対しては、一切お答え致しかねます。

・100日行はしないけれども、千体仏を勧請したので聖天さまについて學びたいという方にも適した内容です。
聖天さまがどのような方なのか、どのような功徳を与えて下さるのかを読み、調べることも立派な學びです。

1部5,000円

勤行集のご注文は、眞澄のオーダーフォームよりお願い致します。




在家聖天秘法100日行には、開眼供養済のご尊像が必要です。
旅仏さまもしくは銀天さまをお迎えください。
ご尊像のお申込みは赤不動明王院のオーダーフォームよりお願い致します。





d0359990_22023211.jpg



在家聖天秘法の伝授指導料のお知らせ




【昨年までの在家聖天秘法のお申込み方法】
・仏像
・勤行集
・指導料
のすべてがセットでの募集。

【今年からの在家聖天秘法のお申込み方法】

・仏像
・勤行集
・指導料
それぞれを別々に、ご自身の良きタイミングでお申込み頂けるように変更致しました。
よって、指導料も別途御納め下さいますようにお願い致します。



これから流れをご説明致します。


➀旅仏の聖天さまを赤不動明王院よりお迎えになる

眞澄へ『在家聖天秘法勤行集』を注文する

③ふたつが揃ったら、良き日から100日間、勤行集に沿って行に入る。
行の時間は、在家聖天秘法の場合は15分程度です。
ゆっくり行えば、それ以上かかります。

100日の間は、1日でもできなかった日があれば、最初からやり直しです。
日々、ノルマをこなすように漫然と行を行うのではなく、日々感じた事、思ったこと、考えたことなどを書き留める習慣をつけましょう。
また、それについて自分でも調べることが大事です。

④100日間成満近くなりましたら、指導料を赤不動明王院へ納めます。
もちろん、それ以前に納められることも可能です。

そして、電話もしくは対面指導の為にご予約を御取りください。
希望日時を3つ挙げて下さい。

指導の際には、100日間の行を行う中で感じた疑問、質問、考察などをお話下さい。
加行を希望される方、真言の伝授を許されたい方は、その旨を願い出て下さい。

⑤100日行で終わりたい方は、その旨を師僧にご連絡下さい。
続けて行をされる方は、200日目に向けて更なる修行の日々に入ります。
ここからは横並びではなく、自分の進度・習熟度にあわせた自分だけの内容での再スタートです。

※最初の100日間は、勤行集にあること以外のものを勝手に付け加えたり、省いたりしては絶対にいけません。
そのことより何かが起きても、それは自己責任です。

あなたが何かを更にやりたいと思うのならば、知りたいと思うのならば、まずは100日間石に噛り付いてでもやり遂げて下さい。
注文を出すのも、質問をするのも、その資格が出来るのは100日を終えてからです。



>>旅仏の聖天さまはこちらからお迎えください

>>在家聖天秘法勤行集のお申込みはこちらから

>>100日満行後~聖天秘法伝授指導料のお振込みはこちらよりお願い致します